冊子印刷を使ったら、コンテンツでお金儲けができるかも。

ちょっとした書類を冊子にしたいってとき、冊子印刷が便利です。冊子にもいろいろあるようで、オンデマンドという形式を使うと、安く仕上がるようです。必要な部数だけ印刷できるので、少数からでも簡単に印刷できるのも個人的には使いやすいなと思います。本に綴じるっていうのは昔からの夢だったのですが、それが最近はこういう冊子印刷で簡単に作れるようになりました。昔は、糸で綴じてみたり、ホッチキスで止めて、背にシールを貼ったり、はたまた、パンチで穴を開けて、綴ったりしたものですが、あまり仕上がりはかっこいいものではなかったですよね。

その後、家庭で製本できる機械が一般用に売り出されるようになって、のりつきの背表紙のあるファイルのようなものが売っていて、それに印刷した紙をとじて、機械にはさんだら、機械が加熱され、のりが溶かされて製本するっていうものもありましたが、それはのりつき背表紙のキッドが高くて、実用的ではなかったように覚えています。おまけに温め具合によっては、のりが甘くて、すぐとれてしまったりというトラブルもありました。それを思うと、今はずいぶんいい時代になりましたね。冊子印刷は、ネット上で注文することができるので、ファイル形式のままでもお願いすることができます。それに、冊子の量にもよりますが、量が多ければ多いほど割安で、金額もそれほど高くはありません。だから、実に手軽冊子印刷をお願いできると思います。

そして、この冊子印刷、専門学校やコンピュータ学校の教材なんかでも使われているようですよ。確かに授業のテキストを自分で作って、冊子印刷すれば、授業自体も行いやすいし、そのテキストを確実に売ることができるから、お金になっていい商売だと思います。そういったこともあり、冊子印刷はなかなかはやっているようです。あとは、コミケでしょうか。コミケってこの不景気の中、ずいぶんと人気があるようですね。いつも、人が大混雑するということで、会場近くのコンビにはいつもその時期になると、臨戦態勢でバイトのスタッフをたくさん臨時でやとうらしいですよ。それぐらい、人がたくさんで込み合うようです。だから、何か才能があれば、こういうコミケのような冊子を作って売ることも可能ですよね。コミケで販売している人は、ほとんどは素人なので、才能があれば、いくらでも誰でもお金を稼ぐことができるんだなあって思いました。こういうのって、冊子印刷が安いおかげですよね。