自費出版はシロウトのお勉強の機会としてとらえよ

本を出版するには様々な紆余曲折と時間を必要とします。そんななかで近年は、一般の全く無名で業界とは一切かかわったことのない素人の人でも自費出版という形で自分の書いた本を出版することが可能になりました。それを可能にしたのはインターネットで業者が募集しているからアクセスが可能になったわけですが、この自費出版は本を書いた人が出版経費をほぼ全額受け持つという形となります。ただここで気を付けないとならないのはこの自費出版はシロウトが本を出版するためのお勉強の機会としてとらえよということです。お金もうけをしようと狙ってはなりません。というのは出版経費を本を書いた人が全額受け持つということは採算が厳しいから出版社が躊躇している裏返しとなります。もしものすごく数が売れて利益が得られそうならば、出版社が経費を受け持つからです。ただこの制度を利用して本を出版した場合、業界未経験のシロウトの方々はその一部始終をいろんな意味で勉強することができるようになります。経費がいくらで売れ数がいくらにはじまり、本を出版する前の途上で文章の書き方などの校閲添削をしっかりとスタッフがやってくれ、やり直しを何度もさせられるなど文章の書き方のお勉強ができるようになります。

自分で、自費出版をするには。

プロの作家や漫画家、写真家で無くても、表現の自由を実現するために、自費出版に取り組む人がいます。オリジナルの表現で、さまざまな創作活動をしながら、ファンを集めることが叶います。マスコミやメディアに取り上げられることはありませんが、だからこそ楽しめる世界があります。創作をすることは、インターネットのコミュニティーサイトには無い、人の手が作り出す楽しさがあります。自費出版をするには、信頼できる企業を選ぶことが大切です。資金だけを騙し取られることが無いように、慎重に選ぶことが重要です。親切で丁寧に対応してくれる会社を選ぶ方法のひとつに、インターネットの情報を正しく読み取ることがあります。相性の良い企業が見つかる確率が高く、ベストパートナーとの出会いが叶います。大切な作品を、きれいに変身させてくれる企業に依頼すれば、満足のいく仕上がりになります。

自費出版についての基礎情報

自費出版は、本の製作・流通・販売などの費用をすべて自費で賄う出版方法のことです。自作の文学作品や実用書といった、流通を目的としたものから、記念誌や自分史のようなものまでさまざまな目的で作られています。また、初期費用などの費用面での負担が大きい方法だと言えますが、一般の出版社では取り扱ってもらえないような本が出版できるというメリットがあります。本の製作を行う方法としては、自費出版を扱っている専門業者へ依頼するという方法があります。原稿は、ワープロソフトによるデータのほか、手書きのものも扱われています。費用については、ページ数や本の仕様、そして冊数などによって変わりますが、およそ50万~100万円程度が相場です。そして書店などへ流通させる場合は製本以外の手数料がかかります。また、本という形にこだわらない場合は、安価な費用で済む電子書籍として出版するという方法もあります。

海外在住の著者も数多くいらっしゃいます。 当社の対象エリアは、自費で本や写真集などの出版をされる会社や個人の方でアドバイスとサポートを行なっています。 企画見積料は無料です。まずはお客様の思いが詰まった作品をお送りください。 主力商品・サービスは優勝カップで、様々な材質やデザインのカップを取り揃え、要望に応じてオリジナル彫刻を施して販売しています。 自費出版を考えているならこちら